大家族制の家庭では、大人を中心に器とお膳が全て1人用として発達してきた。 しかし、核家族に変わった今は、家族全員が一つの食卓を囲んで食事をとり、 個人用の皿に分けて食べる形式となってきた。

 

食べ物が初めから食卓の上に全部並べられて出される空間展開型を原則としている。 御膳に盛るおかずの数により3楪(3菜)、5楪(5菜)、7楪(7菜)、9楪(9菜)、12楪(12菜)という独特の形式を持つ。
韓国人の日常食は、ご飯とおかずからなる主・副食の分離型様式で三国時代以降一日3食定期食事の基本型として定着して今日に至っている。 時には昼食にミョンサン(麺床)やビビンパブ(混ぜご飯)、ジャンクッパブ(牛肉汁をかけたご飯)のような一品料理になる場合もあるが、これは一つの別食の御膳立である。

御膳はご飯が主食、おかずは副食というふうに、おかずはご飯に合わせて選ばれる。バンサン(飯床 )は、食品の組み合わせ、味付けの濃薄、料理の温かさ冷たさ、色の組み合わせ等、様々な面から合理性と組合性をそなえている。  

 

 

 

バンサン(飯床)には3楪、5楪、7楪、9楪の御膳立があり、朝鮮時代の宮中では王様に12楪の御膳を出した。
最も簡単な3楪の御膳には、クク(汁物)、キムチ以外にナムル(熟菜)類とセンチェ(生菜)、ジョリム(煮物)やグイ(焼物)を盛り付ける。簡単な3楪の御膳でもご飯、クク(汁物)、キムチ、ジャン(味噌・醤油)以外に野菜、肉類等が一通り組み合わせられる。

5楪の御膳はご飯、クク(汁物)、キムチ、ジャン(味噌・醤油類)以外におかず5種、チゲ(鍋物)1種からなっている。  

 

 

 
copyright © 2004 charmzone japan. All rights Reserved.
contact wmaster@charmzone.co.jp for more information Tel)03-5487-6182